ヨガの呼吸法の基本

ヨガの呼吸法とは


ヨガの呼吸方法、丹田呼吸とは

呼吸はヨガの基本でもあり、日常生活を送る上でも欠かせない大切なポーズのひとつです。ストレスなどから呼吸が浅くなる人が多くいますが、息を「吸って」「吐いて」の2つの簡単な作業を意識的に行なうことで、深い呼吸が無理なくできるようになります。やり方ひとつで効果に差が出る呼吸法は自然治癒力を高める効果もあり、自律神経を鎮めて、緊張して寝れない夜なども横になりながら簡単にできます。呼吸法をマスターすることで体をしっかりと温め、ヨガのポーズを取る前の準備だけではなく、ポーズを取っている間の自然呼吸も楽に正しく行えます。

ヨガのポーズは普段は使うことのない筋肉を動かすので、ヨガの呼吸法でウォーミングアップすることが大切になります。十分に温めてから行うことで体への負担を減らし、ヨガの効果を高めましょう。

丹田呼吸法 – 基本の呼吸法

丹田(たんでん)はおへそから指2本分下がったところの奥にあります。ヨガでは丹田に意識を集中させて呼吸をする丹田呼吸で、姿勢も良くなり、体が温まると言われています。

  1. 口を閉じ、鼻から息を吐き出します。このとき、丹田を意識しながらお腹をへこませます。
  2. 息を完全に吐ききったら、鼻から息を深く吸いこみます。吐き出したときと同じように、丹田を意識して、今度はお腹を膨らませます。

コツ

  • 鼻から息を吐ききるのが難しいときは、口から吐き出してもいいです。
  • 呼吸法は座った状態でも、立った状態でも行えます。
  • 姿勢を正して行うようにしましょう。
  • 床に座って呼吸法を行う場合は、正座または、左右の足の裏を合わせて座ります。
  • それぞれの足を反対の太ももに乗せて、脚を組める場合はそうしてください。
  • いすに座って呼吸する場合は、いすに深く腰をかけ姿勢を正します。

丹田呼吸法の効果

体の不調

冷え性を改善、不眠を解消、自律神経を鎮める、消化不良を治す、猫背、かぜ、婦人科系トラブルなど

美容効果

ウエストがくびれる、バストアップ、姿勢が良くなる、肌のトーンが明るくなる、吹き出物、肌荒れなど


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.