山のポーズのやり方と効果 | ヨガのタダーサナ

山のポーズ


山のポーズのやり方と効果 – ヨガのタダーサナ

タダーサナのポーズで正しい姿勢で立つことによって全身のバランスを整え身体のゆがみを改善することができます。ヨガのポーズをはじめる前には必ず山のポーズを行い一度リセットしてからポーズに入ります。足の裏全体にまんべんなく体重をかけて背骨のカーブを意識してS字を保ちます。

山のポーズのやり方とコツ

立つポーズ
各20秒 × 2セット

ポーズの準備

  1. 足の親指をつけ足をそろえ床に立ちます。
  2. 足の裏全体に体重をかけます。
  3. ひざと太ももをロックして、下腹部の力は抜きます。
  4. 内ももを内側に入れるイメージで引き締めます。
  5. 背骨のS字カーブに順番に首、頭を乗せます。
  6. もう一度、太ももを内側に入れます。
  7. 肩を持ち上げて、後ろへ下ろします。
  8. 下のろっ骨を前へ軽く押します。
  9. 胸を軽くはり、鎖骨を広げます。
  10. 両腕は体側に。
  11. 頭を骨盤の真ん中に。
  12. 30秒から60秒キープ

コツ

  • ジーンズのファスナーを閉めるイメージで骨盤を立てる
  • 足の指先のみを上に向けストレッチしてゆっくりと床に戻す
  • 骨盤から背骨が生えているイメージ
  • 頭を天井から糸で吊るされているイメージ
  • 尾てい骨は床に垂直に
  • あごは出しすぎず引きすぎない
  • 全身の力を抜く、口の中もリラックス

山のポーズの効果

姿勢を正して立つ山のポーズは力を抜いて、本来あるべき立ち方を意識して立つスタンディングポーズです。背骨のS字カーブをうまく利用して負荷なく立ち、身体の柔軟性と強化に効果的です。あらゆる身体の緊張や痛みをなくすことができます。リラックス効果もあるので心と身体の調和もとれるようになり安定するようになります。

からだの不調

呼吸を調整、うつ、姿勢改善、扁平足、座骨神経、血液循環、消化不良、やる気が出る、免疫

ダイエット効果

お尻やせ、お腹やせ、太ももやせ、膝のお皿の改善、足首の歪み

美容効果

化粧乗り、目の下のクマなど

 

 


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.