頭皮の臭いやベタつきを改善する方法

頭皮のベタつきや臭いを改善する方法


頭皮の嫌な臭いベタつきの原因はホルモンバランス

毎日、髪を洗っているのに頭皮の臭いやベタつきが気になるというあなた。シャンプーやコンディショナー、整髪剤を変えてみたりと試行錯誤されていることと思います。満員電車に乗っていたり、人に近づかない限り周囲も気にならないよね、と思っていたら大間違いです。歩いている人の香水の匂いが漂うのと同じで、頭皮の匂いも風に乗って臭ってくることがあります。意外とあなたの頭皮も臭っているかもしれません。

頭皮の臭いやベタつきの原因と対処法とは

まず、多くの人が思いつく対処法は、いい香りの整髪料や、コンディショナーを多めにつけることで頭皮の臭いをごまかすことですが、どちらも逆効果です。整髪料をつけても頭皮の臭いと混ざった臭いが漂いますし、コンディショナーを必要以上に使用すると頭皮の毛穴をふさいでしまうので油分も多くなり、臭いは悪化します。自分の頭皮の臭いやベタつきの原因を見つけて、改善していきましょう。

1. 皮脂の酸化による頭皮の臭いベタつき

頭皮の臭いやベタつきの原因は皮脂です。からだの中でも頭皮の皮脂分泌量は一番多く、髪を洗う際に汚れがしっかりと落としきれていないことが多いと言われています。頭皮に残ってしまった皮脂がそのまま酸化してしまい、頭皮の放つ臭いの原因となります。臭いが気になりすぎて、朝シャンの上に夜も髪を洗うという人がいますが、必要以上に皮脂を取り除くことで、皮膚を守ろうという働きにより過剰に頭皮の皮脂が分泌されてしまうので、今日からやめましょう。

2. からだに溜まった疲れ、ストレス、食生活による頭皮の臭いベタつき

十分にからだを休ませる時間がなく、からだの疲労が溜まっているときは体調に現れると思いますが、これは頭皮にも同じことが言えます。ちょっと外食つづきで偏った食生活を送っていたと感じる場合も、頭皮の臭いやベタつきは感じられます。髪を洗っても洗ってもベタつき感が取れないと思っている人は、簡単な運動を取り入れたり、からだの疲れをとりリラックスすることをおすすめします。

3. ホルモンバランスの乱れによる頭皮の臭いベタつき

ホルモンバランスはちょっとしたことがきっかけとなり乱れることがあります。女性の場合は、男性ホルモンの分泌が多くなるとベタベタした頭皮に悩まされる場合も。 一度、乱れてしまったものを元のサイクルにうまく戻せないでいると、頭皮の臭いやベタつきは改善しません。そこで大切なのが、本来のホルモンバランスを取り戻してあげることです。先に説明した通り、リラックス、生活習慣の改善はもちろんですが、からだの代謝を上げることも重要です。疲労がピークになったり、生理中などはどうしても新陳代謝が悪くなりやすい状態ですので、朝日を浴びる、朝食を取る、油分の多い食事を控える、入浴時にバスタブに入ってリラックスするなど、自然と体調を改善していくことが効果的です。自律神経とホルモンバランスの乱れは頭皮だけでなく、あらゆる身体の臭いの原因にもつながります。

 髪の洗い方で頭皮の臭いやベタつきを改善する

みなさんはどのように髪を洗っていますか?また、どのくらいの頻度で洗っていますか?排気ガス、汚れやホコリが髪に付着するため毎日洗髪をするという人が多いかと思います。髪を毎日洗ってもいいのですが、普段は1日1回までと決めておきましょう。

一番いい髪の洗い方

  1. 髪が乾いた状態で、髪をよくとかしてホコリを落とす。
  2. しっかりと頭皮を濡らして、ブラッシングで取りきれなかった汚れを流す。少なくとも3分は流します。
  3. シャンプーを手に取り、よく泡立てる。
  4. 泡立てたシャンプーを使って、後頭部から毛先へと洗う。最初から頭頂部にはつけないことがポイント。
  5. よく洗い終わったら、しっかりとすすいで地肌にシャンプーが残らないようにする。
  6. 水分を拭き取ったら、次はドライヤーで乾かします。

このとき、頭皮近くから乾かすことがポイントです。毛先から乾かすと時間もかかり、効率が良くありません。ドライヤーで乾かすときは生乾きにならないよう、しっかりと乾かすことが重要です。

今夜から是非お試しいただきたい髪の洗い方でした。


Posted in その他.