サン サルテーションAのコツ

ヨガ太陽礼拝Aのポーズ


ヨガ太陽礼拝Aのポーズのやり方と効果

Sun Salutation A Pose – Surya Namaskara A

「太陽礼拝A / サン サルテーション」ポーズはアシュタンガヨガやパワーヨガに共通して出てくるシリーズポーズです。太陽礼拝にはいくつか種類があり、太陽礼拝Aが最も基本的な初心者でも入りやすいポーズとなっています。特徴としてはタダーサナというまっすぐ立つスタンティングポーズや犬のポーズの流れから、メインポーズである「下を向く犬のポーズ」で5呼吸キープして、最後まで流れるように次々にポーズを変化させていきます。

ヨガ太陽礼拝Aのポーズのやり方とコツ

太陽礼拝Aに必要なポーズ:
タダーサナ、犬のポーズ(down dog, up dog)、枝のポーズ
メインポーズ:「ダウンドッグポーズ」 5カウント
スタンディングポーズ(立つ)
10カウント × 1セット

ポーズ開始

まっすぐ立つ木のポーズ/タダーサナからはじまります – Tadasana (Samasthiti)

  1. 息を吸う – 手のひらを外に向けて、腕をまっすぐ上げる。目線は指先。
  2. 息を吐く – 頭を下げて上体を下げ身体を折りたたみ、手を足の真横に置く。
  3. 息を吸う – 腕を伸ばして頭を上げる。
  4. 息を吐く – 後ろに大きくジャンプ or ステップバックして「枝のポーズ」
  5. 息を吸う – 「アップドッグポーズ」上を向く犬のポーズ
  6. 息を吐く – 「ダウンドッグポーズ」下を向く犬のポーズ
  7. 下を向く犬のポーズで5カウントキープ
  8. 息を吸う – 手の間にジャンプバックして頭を上げる。
  9. 息を吐く – 体を折りたたむ。
  10. 息を吸う – 体側を通って頭上で手を合わせる。
  11. 息を吐く – 元のポーズに戻る。

コツ

  • 呼吸と一緒に流れるようにポーズ
  • 手はできるだけ身体から離すイメージ
  • 腰が不安な人はジャンプせずに、ゆっくりとステップバックします

ヨガ太陽礼拝Aのポーズの効果

からだの不調
ストレス、うつ、更年期障害、腰痛、心臓、肺、背骨矯正、肩こり、生理不順、消化不良、倦怠感、骨粗しょう症を防止、高血圧、扁平足、鼻炎、神経痛、ぜんそく

ダイエット効果
骨盤矯正、太もも、二の腕、足首、ふくらはぎ、手首など

美容効果
顔と首のたるみ、しわ、くすみ、顔色が良くなる、小顔、ほうれい線

ヨガ太陽礼拝Aのやり方

(Img source: pinterest.com)


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.