シットアップポーズのやり方 | ビクラムヨガ

シット アップ ポーズのやり方と効果


15. シット アップ ポーズのやり方と効果

Sit Up Pose

15 番目のポーズはビクラムヨガで唯一クイックポーズ(早い動き)をするシット アップ ポーズです。通常、マットポーズとマットポーズの間にデッド ボディ ポーズというサバサナで身体を休ませることによりポーズの効果を最大限引き出すという説明をしましたが、デッド ボディ ポーズとセットでシット アップ ポーズも行います。背骨を柔軟にストレッチして、マットポーズから次のマットポーズへとメリハリをつけて移行する準備を整える効果があります。他のポーズ同様、しっかりと1つ1つ丁寧に取り組む気持ちで行います。毎回のシット アップ ポーズでより深く前屈、メリハリをつける意識をして取り組みましょう。

シット アップ ポーズのやり方とコツシットアップポーズのコツ ビクラムヨガ

マットポーズ(仰向け)
唯一のクイックポーズ
3秒程度
1セット

ポーズの準備

  1. ヨガマットに仰向けになります。
  2. かかと、つま先をつけて、腕を頭上へ伸ばします。
  3. 親指のみを交差させます。

コツ

  • 指先と足先は気持ちい程度に上下にひっぱられるイメージでストレッチ
  • 親指のみ交差
  • あごを軽く引く

ポーズ開始

  1. 大きく息を吸い込み、腕を伸ばします。
  2. お腹から勢いよく息を「フッフッ」と、2回吐き出しながら上体を起こして、指先を足先へ近づけ前屈。
  3. 最後に人差し指と中指、親指で足の親指をつかみ、もう一度深く前屈。

コツ

  • ひじ、ひざをロック
  • 息を吐くときはお腹から力強く「フッフッ」
  • 最後にもう1プッシュ前屈

〜 ポーズ終了

ポイント

  • 腹筋を使って上体を起こします

シット アップ ポーズの効果

シット アップ ポーズは内臓を程よく刺激する効果が高いです。ポーズとポーズの間に行うことで、体内へ一気に新鮮な空気を送り込み、次のポーズに耐えられるエネルギッシュな身体を準備することができます。

体の不調

背骨の歪み、背骨の柔軟性、ハムストリングを鍛えることで足腰を強化。

*背骨が柔軟になり正しい位置に戻ります。

ダイエット

太もも、ウエスト、血色が良くなる、O脚、姿勢がよくなる

*ヒップから太ももの脂肪が落ちます。

シット アップ ポーズの理想的なポーズ

シット アップ ポーズはこの先のマットポーズ1つ1つの後に必ず行うポーズとなります。毎回、より強く息を吐き出し、深く前屈することを目標にします。最後の1プッシュの前屈では、柔軟な人は顔を足のすねの間につけて、両肘をマットにつけることでより深いストレッチを心がけます。

ビギナー: 足の親指をつかんで前屈します。

経験者:親指をつかんだまま自分の方へ引っ張りかかとを浮かせます。ひじはマット、目線は鏡へ。


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.