うさぎのポーズ | ビクラムヨガ

ラビットポーズ


23. ラビットポーズのやり方と効果

Rabbit Pose – Sasangasana

ビクラムヨガ23番目は頭のてっぺんを床につける「ラビットポーズ/うさぎのポーズ」です。実はビクラムヨガの中で1つ前の「キャメルポーズ」から「ラビットポーズ」へ移行するのは難しいです。なぜなら、キャメルポーズは背中を大きく反らせて背骨のストレッチするのに対して、ラビットは反対に背中を丸めます。正反対の動きをするポーズの流れで背骨、特に椎間板に大きな効果が期待できます。脊椎の歪みを治すことで歩く、走る、ジャンプなど日常的な衝撃や、アスリートなどが行なう運動の際に発生する衝撃を吸収しやすくします。これにより腰痛やヘルニアなどが緩和されます。

ラビットポーズのやり方とコツ

マットポーズ
20秒 × 2セット

ポーズの準備

  1. マットに正座します。おしりをかかとに乗せる。
  2. マットに敷いたタオルをかかとに被せます。
  3. かかとを手で覆うようにつかみます。親指を外側。

コツ:ひざと足をそろえて、おしりをかかとに乗せる。

ポーズ開始

  1. あごを引いてお腹を見ます。息を吸いながらかかとを引っぱります。
  2. 息を吐きながらゆっくりと頭のてっぺんを床に、ひざにできるだけ近づけます。
  3. おしりをできるだけ高く持ち上げます。
  4. 20秒キープ
  5. ゆっくりと戻ります。
  6. 背中を床につけて仰向けになり20秒サバサナ
  7. もう1セット行ないます。

コツ

  • 腕はまっすぐ
  • ひじを曲げない
  • 頭とひざの間の隙間をなくす
  • 離れている時はひざで頭の方へ歩いていく
  • かかとを手のひらで包みひっぱる
  • 前へ転がるイメージ
  • お腹を引っ込める

ポーズ終了

首が少し痛いと思いますが、無理せずできるところまでやりましょう。キャメルポーズとラビットポーズは苦手な人が多いですが、一山乗り越えると劇的な効果が現れます。ちなみに、おしりがまっすぐ上がるまでには時間がかかります。

ラビットポーズの効果

キャメルポーズはデトックス効果の高いポーズです。からだに溜まった毒素を一気に排出しましょう。頭のてっぺんを床につけてできるだけひざに近づけ、同時におしりを上げて太ももを床と垂直にするのは難しいです。

体の不調
うつ、不眠症、腰痛、神経系、メタボリックシンドローム、消化不良、ホルモンバランス、肩こり、風邪、慢性扁桃炎など

*絶対に普段やらないポーズなので驚きの効果が実感できます。特に甲状腺、脊髄に効果あり。

ダイエット
背中美人、ウエスト引き締め、ヒップアップ、姿勢を良くする、代謝が良くなる。
*簡単にいうと臓器が圧迫され、胃もほぼ逆さになるので食べる量や好みが変わってきます。続けると脂っこいものはいらないという体質になってきます。

美容効果
アンチエイジング、顔色がよくなる、吹き出物、フェイスリフトなど

ラビットポーズのやり方と効果

ラビットポーズの理想的なポーズ

初心者:おしりは上がるところまで。
経験者:ひざとおしりを垂直に。

(img source: We Are Yoga, )


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.