ピラティスの呼吸法のやり方

ピラティスの呼吸法


ピラティスの呼吸法のやり方

ピラティス呼吸法はピラティスの基本で重要な要素のひとつです。ピラティスができるようになればばるほど、呼吸を使って、より効果的にポーズができるようになります。気持ちを落ち着かせて、筋肉への負担を軽減することもできます。ただし、間違った呼吸法などはないので、完璧にできなくても自然に呼吸さえしていれば大丈夫です。ピラティスに慣れてきたら基本の呼吸法に戻っておさらいすることで、大きな変化を感じられると思います。

自然に呼吸をしている時は肺の一部しか使われていません。ピラティスの腹式呼吸法で肺の全体に空気を入れて、吐き出す練習をします。

 

ピラティスの呼吸法の基本 – 腹式呼吸

ピラティスの呼吸法のコツ

息を吸うと、肋骨が開きます

息を吐くと、肋骨が閉まります

1. マットに横になる呼吸法

  1. マットにひざを立てて、横になります。
  2. 足の裏、両肩、おしりをマットにつけます。
  3. あごを引いて、首の後ろをまっすぐにします。
  4. 片手を胸の下に置き、反対の手をおへその下に起きます。
  5. ここで目を閉じてもいいです。
  6. まず、自然に2、3回、呼吸をしてください。
  7. 次に、肺を使って呼吸をします。鼻から息を吸って、口から息を吐きます。
  8. 10回くりかえします。

2. 立って行う呼吸法

  1. 両手を胸の下に置きます。
  2. 鼻から大きく息を吸います。
  3. 肋骨が開いているのが手でわかります。
  4. 口をすぼめて吸い込んだ空気をすべて吐き出します。
  5. 10回くりかえします。

コツ

  • 首をマットにつけるイメージで
  • 息を吸うと置いた手が上がります。風船が膨らむイメージ。
  • 息を吐くと手が下がります。風船がしぼむイメージ。
  • お腹もつかって空気の出し入れをします
  • ケーキのろうそくの火を消すように口から息を吐き出します。
  • 吸い込んだ空気をしっかりと吐ききることで、次の呼吸でフレッシュな空気を取り込むのが簡単になります。
  • おへそを背骨につけるイメージで腹筋を使って息を吐ききります

ピラティス呼吸法の効果

体の不調

ぜんそく、うつ、ストレス、不眠、胃下垂、内蔵強化、集中力アップなど

*ピラティスの呼吸法は息を吸うと肋骨が開き、後ろへいきます。息を吐くと体の中央にもどるイメージです。横隔膜を鍛えることができるので、内蔵があるべき位置に戻り胃下垂も改善されます。自律神経も良くなります。

ダイエット

ウエスト、代謝アップ、小顔、バストアップなど

*お腹周りのインナーマッスルがつくのでキレイにお腹がやせます。ウエストも細くなり、代謝もアップするのである程度まで続けて基礎ができあがると、あとは何を食べても脂肪が蓄積されなくなります。食べ物の好みも変わるので必要以上に脂っこいものは体が受け付けなくなるでしょう。


Posted in ピラティス.

Leave a Reply

Your email address will not be published.