オイルプリング, ココナッツオイル

オイルプリングのやり方と効果 – 毒素を引き出しデトックス


オイルプリングのデトックス効果

オイルプリングとは? エキストラバージンココナッツオイルでうがい?

オイルプリングとはインド伝統医学のアーユルヴェーダのオイルでうがいをする健康法の一つで、ハリウッドセレブも長期で取り入れている美容と健康に効果の高いと言われています。

”Oil pulling”は直訳すると、油で毒素を引き出すという意味です。ティースプーン1杯のオイルでうがいをすることで口の中にいる多くの雑菌と体内の毒素を引き出し、その毒素が溶け出したオイルを吐き出すことでさまざまな健康効果が得られると言われています。オイルプリングはアンチエイジングとデトックス効果を兼ね揃え、口腔内も清潔に保ち、歯のホワイトニング効果を感じた人も中にはいます。

オイルプリングのやり方

オイルプリングは20分間リラックスして行うことで効果が得られます。やることにとらわれすぎないのがポイント。慣れないうちは5分のオイルプリングから始めてもオッケー。

用意するもの

  • ココナッツオイル、セサミオイルなど食用オイル – エキストラバージンのものを使用すること
  • ティースプーンか、スプーン
  • ティッシュ、袋(オイルプリング後のオイルを吐き出すため)

やり方

  1. 小さじ1から大さじ1杯のオイルを口に含みます
  2. 口の中をすすぐように「くちゅくちゅ」します(飲み込まないように)
  3. 慣れてきたら、舌を使い歯茎の表面や裏側をなぞります
  4. 15分から20分ほど行ったら、ティッシュか袋に吐き捨てます。詰まる原因にもなるので排水溝には流さないでください
  5. 水、ぬるま湯、マウスウォッシュなどで口をすすぐ
  6. 歯磨きをする
  7. 白湯など水分補給を忘れずに

オイルプリングの回数とタイミング

1日1、2回起床時と寝る前がおすすめですが、自分のペースで週に数回でもいいです。オイルを口に含んだ直後はドロドロ感が気になる人もいますが、徐々に唾液が分泌されるのでサラサラになります。オイルを吐き出した後は、歯の表面がツルツルしてくるのを実感できるでしょう。

オイルプリングの美容と健康効果

  • フェイスリフト
  • 小顔効果
  • 口臭の改善
  • 歯茎の引きしめ
  • 歯肉炎や歯周病の改善
  • 歯槽膿漏の緩和
  • 歯のホワイトニング効果
  • 免疫力の向上
  • アレルギー体質の改善
  • アトピーの緩和、改善
  • ホルモン障害

小顔効果、ほうれい線、たるみなどの美容効果は実証実験済みなので、継続することで効果が得られます。2、3日など短期間で小顔効果を出したい人向きの健康法ではないです。

お口の健康面からいうと、歯茎が引き締まり歯肉炎や歯周病の予防や改善ができると言われます。

免疫力が上がるため風邪をひきにくくなります。口から侵入するカンジダ菌、インフルエンザ菌などウイルスを体内に入れる前に防ぎます。何より20分間も口を閉じた状態でうがいをするので、自然と鼻呼吸ができます。鼻呼吸は免疫力を高めアレルギー体質を改善することが期待できます。

実は、口に生息している細菌は心疾患、糖尿病などに悪影響を及ぼすので、オイルプリングでプラークコントロールをすることで予防できるとも言われます。

オイルプリングのデメリットと注意点

オイルプリングした油は飲まないことと、詰まる原因にもなるので排水溝には流さないこと。途中で苦しく感じたら一度吐き出して、新しいオイルで初めましょう。20分間口の中でオイルでうがいをするので、ひどい鼻づまりの時は苦しくて長時間できないです。オイルプリングは歯磨きの代わりにはなりません。一番効果的なのは寝起きの朝です。朝の口の中の細菌は最大になると言われます。また、満腹時は気分が悪くなることもあるので、食後すぐは控えましょう。

人によりますが、好転反応が出るケースがあります。吹き出物、鼻水、頭痛などの症状が体内の毒素を外に出す過程で起こることもありますが、1週間程度で治るものがほとんどです。また、慣れるまで顎が疲れると感じる方もいます。1回で改善するというものではありませんので、長期的にご自身のペースで続けられる回数行うのがポイントです。アレルギーのあるオイルは決して使用しないこと。

オイルプリングは効果がないという方もいますが、海外で出された研究発表では効果が得られたとあります。インドの伝統医学なので悪いということはないと思います。関節痛の緩和やアレルギー体質が改善したという例もあります。

大切なのはリラックスしてオイルプリングを続けること。やらないといけないと思ってしまうと20分間もうがいできませんし長期間続きません。寝起きに頭をすっきりさせて、お口のケアでリラックスする時間を楽しみましょう。


Posted in アーユルヴェーダ.