夏バテ解消方法と予防法

夏バテ解消と予防する方法


夏バテ防止して快適な夏を過ごすには

気温も湿度も高い夏はやる気がなくなったり、食欲が落ちて身体がだるいと感じることが多くなる季節でもあります。主な夏バテの原因は、水分不足による脱水、暑い外から冷房の効き過ぎた室内への気温の変化などによる自律神経バランスの乱れ、冷たい飲み物や食べ物により胃腸の機能が低下や、体内の血流が悪くなることで起こる消化不良があります。さらに、バランスを失った自律神経は胃腸の働きを悪くするのでどんどん体力が落ちて夏バテにつながります。よく、夏には冷たい食べ物ではなく、温かい食べ物を食べた方が良いと聞きますが、これはお腹の調子をいい状態に保つ目的があり非常に効果的です。夏バテを根本的に治すには自律神経を正常に戻すことが一番です。蒸し暑い夏に運動はしたくないという人も多いかと思いますが、一度行なってしまえばスッキリとした爽快感を実感することができます。夏バテで調子が悪い、疲れやすい、食欲不振などの症状で苦しんでいる人の夏バテ解消法と、夏バテを防止する運動をご紹介します。

夏バテ解消ヨガ – 胃腸の働きを良くする運動

1. エクササイズをはじめる前に呼吸法で身体のウォーミングアップをします。座るヨガの呼吸法立つヨガの呼吸法のどちらかやりやすい方を選びます。

2. お腹の横を伸ばす三角のポーズで全身をストレッチ。

3. マットにうつ伏せになり上体を押し上げる上を向く犬のポーズで腸を引き延ばすストレッチ。

4. 太ももとお腹のストレッチをする割り座のポーズ、これができる人は胸を上げて背中を床から離すダイアモンドポーズに挑戦。

5. 胸を持ち上げるらくだのポーズで上半身を反らせる。

6. 前屈のポーズで腸全体をストレッチ。

7. 上半身をねじるスパインツイストポーズで胃腸を伸ばしてデトックス。

8. 最後のクールダウンはしかばねのポーズで身体をリラックス


Posted in その他.

Leave a Reply

Your email address will not be published.