目を大きくする方法とは

目を大きくする方法とは


目を大きくする方法

目は顔の中でも目立つパーツのひとつでもあり、人に与える印象がとても大きいです。目が大きい人は印象に残りやすく、赤ちゃんのようなかわいらしさを連想させます。キラキラした目やパッチリと大きな目に憧れる女性は多く、目の悩みは誰しもが抱えたことのある悩みのひとつではないでしょうか?もともと自分の目に自信がない、小さい頃から小さな目がコンプレックス、加齢と共にまぶたのたるみや、重みが気になってきて眼瞼下垂かもしれないと悩んでいるなど人それぞれ違う悩みがあるものです。誰しも年を取ると肌のハリと引力の関係でどんどん皮膚が垂れ下がってきますが、顔は鏡などお化粧をするときなどに良く目につくパーツなので余計に気になることでしょう。それぞれに合った目を大きくする方法を3種類ご紹介します。

簡単に目が大きくなる方法

1. 目を大きくするマッサージ

目を大きく見せるのに重要なのは血行を良くして、まぶたの脂肪を燃焼させることです。身体も太っている場合はまぶたに脂肪がたくさんついていることが多いので、まずはダイエットからはじめると劇的に目の大きさが変わります。目を大きくするトレーニングでもあるフェイスヨガは顔やせもできるので小顔効果も期待できます。

目のむくみを取る × 3回

  1. 目を閉じて3本の指(人差し指、中指、薬指)を軽く乗せる。
  2. まゆげの下の骨と眼球の間を見つけたら軽く押してマッサージ 。
  3. 目の骨に沿って眉頭から目尻までプッシュ。
  4. 最後にこめかみを押す。

まぶたのトレーニングで目やまぶたのむくみを解消すると目がパッチリして二重まぶたになりやすくなります。

目の周り脂肪スッキリ × 5回

  1. 自然な笑顔をつくって余計な力が入らないようにする。
  2. 目を大きく見開き5秒から10秒キープ。
  3. 力を抜いてリラックス。

まぶたのリフトアップエクササイズ × 5回

  1. 顔を正面に向けたまま、目線だけを上に上げます。このときまぶたを見るイメージで。
  2. 目線はそのまま、まぶたを閉じる。5秒から10秒キープ。
  3. 目線とまぶたが逆の動きをするので、まぶたがプルプル震えて完全に目は閉じない。

2. 目を大きくするメイク – デカ目メイク術

ナチュラルメイク

  1. 目に下地やコントロールカラーをのせてくすみを取ります。
  2. 自分の髪の色に合わせてナチュラルに眉毛を書きます。
  3. まつげの際にベージュのラインを引きます。パール入りがおすすめ。
  4. その上に、主張しすぎないエメラルドグリーン、または、ブルーのラインを引きます。
  5. ベージュ系かブラウン系のナチュラルカラーのアイシャドウを普段通りに乗せます。
  6. 最後に、パールかラメ入りのホワイト系の色を目の中央に乗せます。ちょうど黒目の位置に乗るように。

3. 目の美容整形手術

できるだけ早く、努力をしないで魅力的な大きい目にしたい人は美容整形手術で二重まぶたにする方法もあります。目のプチ整形など気軽に行なえる切らなくていい方法から、自分の理想通りの目の形をオーダーすることもできます。費用もかかるのに加えて、顔をいじるということを考えると、エクササイズやマッサージ、メイクでの改善方法を試してからにするのがおすすめです。

芸能人なりたい顔ランキング2013 – トップ10

  1. 板野友美(AKB48)
  2. 佐々木希
  3. 浜崎あゆみ
  4. 小倉優子
  5. 小島陽菜(AKB48)
  6. 八鍬里美(さとみん/小悪魔agehaモデル)
  7. 能年玲奈
  8. きゃりーぱみゅぱみゅ
  9. 宮﨑あおい
  10. ローラ

顔のパーツはバランスがあるので、自分と似たような顔の芸能人に似せた整形をするか、すべてのパーツを合わせない限り不自然な顔になるケースが多いです。アヒル口、たれ目が流行っているからその顔に整形したいという場合は少し考えて時間を置いてから決めた方が良いでしょう。女性はメイクで変身することができるので整形までしたいか十分に考えましょう。

以上、いかがでしたでしょうか?

現代人はスマホやパソコンなどの長時間使用で疲れ目の人がとても多いと言われています。目の疲れにより眼筋が衰え、血行が悪くなることで目の輝きが失われて目力がなくなってしまうこともあります。目をキラキラにする運動などを取り入れて目の輝きを戻しパッチリおめめで瞳を大きく見せる方法を試しましょう。

まぶたが開かない、目が開かない人は眼瞼下垂という病気の可能性があります。眼瞼下垂は美容整形外科で健康保険による手術をすることも可能ですが、メスを入れることが多いのでもすぐにパッチリ目になりますがもちろんリスクも伴います。まぶたの裏から施術をする切らない眼瞼下垂の手術もあります。症状があまり重くなく、後天性の場合は眼瞼下垂で美容整形手術をする前に目の周りの筋肉を鍛えることをまず試しましょう。

目のエクササイズをする時の注意点:コンタクトレンズや眼鏡をつけたまま行なわないでください。必ず外しましょう。


Posted in その他.

Leave a Reply

Your email address will not be published.