花粉症を改善するヨガポーズのやり方

花粉症を緩和するヨガのポーズ


花粉症を緩和するヨガのポーズ

花粉の多くなる時期は鼻、のど、目が刺激されて鼻水やくしゃみ、咳が止まらなくなり、からだが重い感じがして集中力も低くなりがちです。ヨガのポーズを毎日少しずつ続けることで花粉症を改善することができるようになります。

下を向く犬のポーズで花粉症によって凝り固まった肩、首、背中をストレッチして背骨を柔軟にした後、完全なバッタのポーズで背骨をさらに反らせてストレッチします。

また、太陽礼拝でフローヨガを朝晩1回ずつ行なうことで免疫力を高め、血液循環を改善、副交感神経を刺激することで鼻の粘膜の炎症などを抑えるのも効果的です。

日々のヨガで花粉症を改善して症状を緩和していくことで身体も楽になり気持ちも晴れやかになります。

空気清浄機は玄関の近くに置くことで、外から持ち込んだ花粉を床に落ちる前に吸い込ませることが大切です。

花粉が多くなる4月から6月、8月から11月は特に気をつけましょう。花粉症に効くヨガポーズで今年こそは花粉症知らずになるという気持ちで。


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.