胃もたれの解消法とは

胃もたれの解消法とは


 食べ過ぎても食べなくても胃もたれがするって本当?

焼き肉や脂っこいものを食べた次の日は胃が重い感じがする、消化不良で一日中だるいといった症状が続くと、食事があまり楽しめなることもあるでしょう。胃もたれには大きく3種類あり、1.食べ過ぎて胃もたれがする、2.何を食べても胃もたれがする、あるいは、3.食べてないのに胃もたれがすると分かれます。胃もたれの悩みを抱えている人は、なぜ胃もたれがするのか、胃もたれの症状と原因を知ることで改善、予防することができます。食べ過ぎて胃もたれがする人は消化のいい物を食べることで簡単に改善することもできます。

胃もたれの症状と原因

胃もたれは一般的に脂っこい食べ物や、コーンフレーク、ソーセージ、目玉焼きなどの消化の悪い食べ物を食べると、胃の中に長い間食べ物が留まることで引き起こります。体の中で何が起こっているかというと、胃で食べ物を消化をするのに時間がかかり、血糖値が徐々に上がる状態になります。そのため、胃に大きな負担がかかり、胃もたれがして、空腹感を感じにくくなります。胃もたれが続いていたり、胃腸の調子が悪い時は、洋食の朝ご飯を食べるのは控えるのがベストです。

食べ過ぎて胃もたれがする

1. 暴飲暴食を防ぐのが近道です。付き合いなどでなかなかできないという場合は量を減らす努力をしましょう。食事はできる限り3食規則正しく、夕食は寝る2時間以上前には済ませることも対策の1つです。ちなみに、運動をする人は最後の食事から2時間以上空けてエクササイズなどを行ないます。

2. お酒とタバコを控えると、胃の機能を取り戻すことができて、荒れてしまった胃の環境が改善されてきます。お酒も適度な量であれば問題ありませんが、明らかに飲み過ぎだなと思われる場合は減らしましょう。特に、ビールは刺激の強い飲み物ということが3番目を読むとわかります。

3. 刺激の強いものは控える

味付けの濃いもの、とても冷たいもの、熱すぎるもの、炭酸飲料、コーヒーや緑茶などカフェインを多く含むもの、唐辛子など香辛料は胃に大きな負担をかけます。冷えたビールにおつまみは刺激の強い組み合わせなので寝る直前に飲むと、次の日に胃もたれになる可能性が高くなります。

1日1食だけでも消化の良い物を食べるようにするのも効果があります。ランチに揚げ物を食べている人は蒸し物や、せめて炒め物にしてみる、また、いつもよりゆっくり食べて、よく噛むことを意識して食べることをおすすめします。

何を食べても胃もたれがする

消化の良い食べ物を食べても胃もたれが改善しない人は自律神経のバランスを保つエクササイズで改善することができます。

食べてないのに胃もたれがする

食べなくても胃もたれがする人も自律神経を整えましょう。その他の原因として考えられるのは加齢や、体質によるものだと思われます。元々、胃腸の働きが弱い人や、年齢を重ねることで機能が低下していることが考えられます。

消化の良い食べ物で胃もたれは改善できるの?

実は、消化の悪いものを食べたから胃もたれがするとはいいきれません。胃の働きは自律神経のバランスを保つことで、本来の胃の機能が働きまます。つまり、ストレスや疲労などによって自律神経が乱れている場合は胃の機能が低下して、胃腸の働きが悪くなり、結果的に食べ過ぎても、何を食べても、食べなくても胃もたれがして空腹感を感じない状態になります。胃の運動を改善して消化能力を高めることで胃もたれを改善しましょう。

胃もたれを予防する方法

自律神経の乱れが胃もたれを引き起こす原因の1つです。そのメカニズムを簡単に説明すると、自律神経の交感神経で内蔵の機能の働きを抑えるブレーキのような働きをし、副交感神経で内蔵の機能を活発化させるアクセルのような働きをします。この2つの機能のコントロールを保つことで自律神経のバランスが保たれます。からだがストレスを感じ続けると、2つの神経のバランスを失い自律神経が乱れてしまいます。これらは、自律神経と胃腸の症状を改善するヨガポーズで改善できます。

胃痛がする原因 – 副交感神経が活発になり胃酸が過剰分泌されて、胃が荒れてしまい傷つくことで胃痛が起こります。

胃もたれ、消化不良の原因 – 胃痛とは反対に、交感神経が活発になり胃の粘液が正常に分泌されなくなり胃の粘膜が保護しきれなくなる、あるいは、胃の運動(ぜん動運動)や、消化能力が低下することで胃もたれや消化不良が起こります。

危険な胃もたれ

胃腸が弱いから胃もたれが続いているのかな?と、市販の薬を飲んでいると取り返しのつかないことになってしまうことも場合によってはあるので、何か違和感を感じたら必ず受診しましょう。お腹が空くと胃が傷む人は要注意です。空腹時に胃痛がするのは胃がんの症状の1つでもあります。いったん食べ始めると痛みが治まるので症状に気付かない人も少なくありません。それに加え、吐き気や貧血のある人は胃がんの可能性も考えられるので早めの受診をおすすめします。

胃がんを発症してから入れるがん保険というのは基本的にはありません。仮に入れたとしても適用されないと考えておきましょう。がん保険の加入はガンの告知前であるのがベストですが、もし事前に加入していない場合はガン摘出手術後、転移もみられなければ、「過去5年以内にガン治療にかかったことはありますか?」と告知欄に書かれている5年経過後加入な保険があります。「過去にガンにかかったことがありますか」という質問のある保険は加入ができません。


Posted in その他.

Leave a Reply

Your email address will not be published.