冷え性を改善する方法

冷え性を改善する方法


冷え性を改善する方法

冷えは万病の元と言いますが、手足の冷え、指先の冷え、ふくらはぎの冷え、下半身の冷えから下肢の冷え、内蔵の冷えから下腹部が冷えるなど色々な冷え性があります。消化器官の機能が低下しておなかが緩くなったり、月経前症候群PMSに悩まされて体調の崩れや生理痛で苦しんでいる人も多いです。体の冷えの改善方法、対策を学んで冷えからくる病気を撃退しましょう。

冷え性の原因

ストレスや偏った食生活などの生活習慣により身体が冷えてしまいます。コンビニ弁当やインスタント食品などは糖分、塩分、脂質、タンパク質の割合が多く栄養が偏りがちになります。買ったお弁当を見るとわかりますが、その半分はご飯、残りは揚げ物と彩り程度の副菜や漬け物です。これでは一日に必要なビタミンやミネラルが取れないので身体のバランスが崩れてしまい体温も低下します。低血圧で朝起きるのが辛い人なども生活習慣を改善することでベッドから起き上がれないほど辛いということはなくなります。身体が活動をするにはエネルギーが必要不可欠です。そのため、熱をつくることと、つくられた熱を使う機能が正常に働くことで冷え性は改善します。

冷え性で引き起こる病気

体が冷えることからくる病気も多くあります。たいしたことないと思っている症状も万病の元かもしれません。

呼吸器の冷え

呼吸が浅く空気の交換が効率的にできない人は呼吸器が冷えていることが考えられます。風邪を引きやすい、いつも咳き込んでいる、気管支炎、ぜんそくなどは肺の機能が低下している でしょう。背中を丸めて呼吸をしやすい体勢になることで肩こり、首こり、頭痛、うつ病の原因にもなります。全身が寒い人は深い呼吸をする習慣をつけるといいです。

内蔵の冷え

胃腸などの消化器の冷えは消化吸収の機能を弱らせるので便秘、下痢、痔、お腹の張りなどの胃腸障害や、胃下垂でぽっこりお腹になることもあります。胃腸の働きが悪いと口内炎や、唇が荒れたり、吹き出物、肌荒れ、シミ、シワ、皮膚の炎症なども起こり、お肌のトラブルも現れてくるので化粧乗りも悪くなります。

下半身の冷え

肥満、不眠症、慢性肩こり、生理痛、生理不順、腎臓病、上半身や手、顔がほてる、リウマチ、不感症、夜尿症などの症状がある場合は下半身が冷えている可能性が高いです。骨盤のゆがみを治すことで改善できます。

冷え性の症状に合ったヨガポーズ

手足が冷たい – 手足が冷える冷え性の人は半月のポーズで血行を良くすることが重要です。毎日1分間でもいいので1週間続けてみましょう。

疲労 + 冷え – すぐに疲れる、身体がだるい人は寒いから着込み、疲れているから休みの日はできればベッドで過ごしたいと思っているのではないでしょうか。そんな人には、たった20秒の短時間運動で疲労回復する方法がおすすめです。このポーズは8時間の睡眠に相当するので寝不足の人にも効きます。

お腹から太もも + 冷え – お腹が冷たい、おしりと太ももが冷たい人は股関節を大きく開くポーズで腰回りの血行を良くするといいです。

頭痛、めまい + 冷え – よく頭痛やめまいがする人は下を向く犬のポーズを続けてみましょう。急な頭痛やめまいを治す方法も効果的です。

生理、美容 + 冷え – 冷えに加え、生理不順、生理痛、肌荒れが気になる人は柔軟で健康的な骨盤づくりをするのが近道です。いま、まさに生理中でだるくて動けない場合は生理中ヨガを行なうといいでしょう。

睡眠 + 冷え – 寝付きが悪い、不眠で疲れがたまっている人は足を高く上げて滞った血液を循環させると効果があります。寝る前に軽く運動してから白湯を飲んで温まってから寝ましょう。

冷えの予防と防止 – 冷え性を改善するには

冷え性を改善するには生活習慣を改善するのが近道です。今日からいきなり正しい食生活をといっても難しいと思うので、まずは自分のからだをメンテナンスすることからはじめます。ヨガなど運動を取り入れることでからだのバランスが取れるようになりバランスの取れた食生活を好むからだに変わります。また、エクササイズなどの運動をする他に入浴や食べ物で冷え性を改善することもできます。

冷え性に良い飲み物と食べ物

生姜、カボチャ、梅干し、唐辛子、ニンニク、オニオンスープ、紅茶、ウーロン茶、黒豆茶、赤ワイン、日本酒、甘酒

*コーヒー、緑茶、抹茶、牛乳などは体を冷やすので、体が冷えていると感じたときはなるべく控えましょう。

冷え性改善の入浴方法

  1. 体が冷えていると感じたら足湯をするのがおすすめです。
  2. 40度から42度くらいの熱めのお湯を足首まで入る高さの桶などにはります。
  3. 3分から5分くらいつけて、すぐにタオルで足についた水滴を取ります。
  4. どちらかの足の裏が片方よりも白い場合は、その足だけもう一度お湯に2、3分つけます。

または、半身浴で38度から40度のぬるめのお湯に30分程度つかります。

冷え性を改善することで妊娠しやすい身体づくりもでき、不妊治療中の人にも効果が現れます。冷えない体づくりで健康になりきれいになりましょう。


Posted in その他.

Leave a Reply

Your email address will not be published.