頭皮の臭いやベタつきを改善する方法

頭皮のベタつきや臭いを改善する方法

頭皮の嫌な臭いベタつきの原因はホルモンバランス

毎日、髪を洗っているのに頭皮の臭いやベタつきが気になるというあなた。シャンプーやコンディショナー、整髪剤を変えてみたりと試行錯誤されていることと思います。満員電車に乗っていたり、人に近づかない限り周囲も気にならないよね、と思っていたら大間違いです。歩いている人の香水の匂いが漂うのと同じで、頭皮の匂いも風に乗って臭ってくることがあります。意外とあなたの頭皮も臭っているかもしれません。

頭皮の臭いやベタつきの原因と対処法とは

まず、多くの人が思いつく対処法は、いい香りの整髪料や、コンディショナーを多めにつけることで頭皮の臭いをごまかすことですが、どちらも逆効果です。整髪料をつけても頭皮の臭いと混ざった臭いが漂いますし、コンディショナーを必要以上に使用すると頭皮の毛穴をふさいでしまうので油分も多くなり、臭いは悪化します。自分の頭皮の臭いやベタつきの原因を見つけて、改善していきましょう。

1. 皮脂の酸化による頭皮の臭いベタつき

頭皮の臭いやベタつきの原因は皮脂です。からだの中でも頭皮の皮脂分泌量は一番多く、髪を洗う際に汚れがしっかりと落としきれていないことが多いと言われています。頭皮に残ってしまった皮脂がそのまま酸化してしまい、頭皮の放つ臭いの原因となります。臭いが気になりすぎて、朝シャンの上に夜も髪を洗うという人がいますが、必要以上に皮脂を取り除くことで、皮膚を守ろうという働きにより過剰に頭皮の皮脂が分泌されてしまうので、今日からやめましょう。

2. からだに溜まった疲れ、ストレス、食生活による頭皮の臭いベタつき

十分にからだを休ませる時間がなく、からだの疲労が溜まっているときは体調に現れると思いますが、これは頭皮にも同じことが言えます。ちょっと外食つづきで偏った食生活を送っていたと感じる場合も、頭皮の臭いやベタつきは感じられます。髪を洗っても洗ってもベタつき感が取れないと思っている人は、簡単な運動を取り入れたり、からだの疲れをとりリラックスすることをおすすめします。

3. ホルモンバランスの乱れによる頭皮の臭いベタつき

ホルモンバランスはちょっとしたことがきっかけとなり乱れることがあります。女性の場合は、男性ホルモンの分泌が多くなるとベタベタした頭皮に悩まされる場合も。 一度、乱れてしまったものを元のサイクルにうまく戻せないでいると、頭皮の臭いやベタつきは改善しません。そこで大切なのが、本来のホルモンバランスを取り戻してあげることです。先に説明した通り、リラックス、生活習慣の改善はもちろんですが、からだの代謝を上げることも重要です。疲労がピークになったり、生理中などはどうしても新陳代謝が悪くなりやすい状態ですので、朝日を浴びる、朝食を取る、油分の多い食事を控える、入浴時にバスタブに入ってリラックスするなど、自然と体調を改善していくことが効果的です。自律神経とホルモンバランスの乱れは頭皮だけでなく、あらゆる身体の臭いの原因にもつながります。

 髪の洗い方で頭皮の臭いやベタつきを改善する

みなさんはどのように髪を洗っていますか?また、どのくらいの頻度で洗っていますか?排気ガス、汚れやホコリが髪に付着するため毎日洗髪をするという人が多いかと思います。髪を毎日洗ってもいいのですが、普段は1日1回までと決めておきましょう。

一番いい髪の洗い方

  1. 髪が乾いた状態で、髪をよくとかしてホコリを落とす。
  2. しっかりと頭皮を濡らして、ブラッシングで取りきれなかった汚れを流す。少なくとも3分は流します。
  3. シャンプーを手に取り、よく泡立てる。
  4. 泡立てたシャンプーを使って、後頭部から毛先へと洗う。最初から頭頂部にはつけないことがポイント。
  5. よく洗い終わったら、しっかりとすすいで地肌にシャンプーが残らないようにする。
  6. 水分を拭き取ったら、次はドライヤーで乾かします。

このとき、頭皮近くから乾かすことがポイントです。毛先から乾かすと時間もかかり、効率が良くありません。ドライヤーで乾かすときは生乾きにならないよう、しっかりと乾かすことが重要です。

今夜から是非お試しいただきたい髪の洗い方でした。

運動をしないで痩せる方法

なにもしないで痩せる方法

1日5分横になるだけで痩せる方法

運動や食事制限は面倒だけど痩せて健康になりたいという欲張りな、あなたのための寝る以外はなにもしない簡単ダイエットで、夢のくびれをつくり猫背を治す方法を教えます。

このダイエットの基本は、特に女性の健康に大切な骨盤と横隔膜です。骨盤を正常な位置に戻すことで血行も良くなり冷え性、便秘、デトックスを一気に解決します。

寝るだけダイエットのやり方

用意するものは3つ

ヨガマット(床でもいい人はそのままで)

バスタオル、または、座布団

足を乗せるイス

やり方

  1. マットを敷く。
  2. 足側にイスを置く。
  3. バスタオルを折りたたみ、3cmから10cmの厚さにする。(これは個人差があるのであとで調節)
  4. マットに仰向けになり、膝が90度になるよう折り曲げ、ひざ下をイスに乗る。
  5. おしりの下にバスタオルを敷く。
  6. そのまま5分キープ。

コツ

背中を反らないように、背中とマットの間に隙間をつくりすぎないように。2回目くらいから慣れてくるのでコツがつかめます。骨盤矯正の効果をより実感したい人はバスタオルを薄めにして、背中とマットの間に隙間が空かないようにぴったりとつけて行なってください。

このエクササイズのポイントは凝り固まった横隔膜を柔軟にすることで深い呼吸をするトレーニングにつながります。浅い呼吸や冷え性の人には特におすすめです。

健康効果

うつ病、アレルギー体質改善、ぜんそく、花粉症、風邪予防、猫背、冷え性、生理不順など

美容効果

ウエストのくびれ、血色が良くなる、化粧のりがよくなる、肌のトーンがアップするなど

チョコレートとココアの美容効果

チョコレートでアンチエイジング

身体をサビを取るカカオの効果

冷え性知らずで冬もぽかぽか

カカオは生姜よりも冷え性に効くということを知っていますか?手足の冷えで眠れない、いつも手が冷たくて寒いという人は今年の冬はチョコレートとココアで乗り切りましょう。チョコレートやココアにはカカオポリフェノールが多く含まれていて、生活習慣病などの元となる活性酸素の働きを弱める効果があります。ポリフェノールというと最初にイメージするのが赤ワインですが、その含有量でいうとチョコなどの方がずっと多いのです。ストレス、健康、美容にもマルチで効くカカオで身体の不調を改善することができます。

ダイエットにも効果のあるカカオ

チョコレートは太るから好きだけど食べないという人も多いのではないでしょうか?実はチョコレートが原因で太っているわけではないというのをご存知ですか?甘いしカロリーが高いからチョコはダイエットの天敵と思いがちですが、痩せやすい体質づくりもできるカカオは有効に活用するのがおすすめです。無駄に甘い安いチョコレート製品にはカカオがあまり含まれていないこともあるので、板チョコや、質の良いチョコレートを選ぶようにしましょう。食後のデザートや、日中に食べるように心がけるだけで効果が現れます。安いチョコを大量に食べなければ太ることもないのです。

簡単でおいしいココアの作り方

材料 – 2人分

  • ピュアココアパウダー 小さじ2杯 – ティースプーンでOK
  • 砂糖 小さじ2杯 – チョコレートで代用可能
  • 牛乳 1.5カップ – または、使うカップで2人分計ります

作り方

  1. 小さい鍋にココアパウダー、砂糖、少量のミルクを入れる。
  2. 粉っぽさがなくなるまで練る。(大さじ1杯のお湯や水でもOK)
  3. 中火にかけて、残りのミルクを少しずつ加えながら混ぜる。

コツ – 絶対に沸騰させないこと。マシュマロを浮かべるとおいしくてかわいいです。

健康や美容にはココアパウダーを使用することをおすすめします。高い効果が期待できます。ココアにお砂糖かチョコレートを少し入れることで満足感も高まるので空腹感を満たします。

どうしてもカロリーが気になる人は、牛乳の代わりに豆乳や、スキムミルクとお湯を使うことで低カロリーココアになります。糖分が気になる人は、白砂糖ではなく、黒糖、チョコレートで作ります。

カカオの効能とは

カカオポリフェノールやGABAを含むチョコレートやココアパウダーは健康や美容に効果があることが分かっています。健康や美容のみならず、学習にも効果を発揮することが学習実験でも確かめられ、集中力を高めて記憶力を上げる、反射神経も良くなり運動能力も高める力があります。

カカオポリフェノール

健康効果

  • ストレスに適応して溜め込まなくなる
  • アレルギー予防 – 花粉症、アトピー、ぜん息など
  • がん予防 – 細胞のガン化が抑えられる
  • 動脈硬化の予防
  • 傷が治りやすくなる
  • 虫歯の予防
  • コレステロールのコントロール
  • リウマチ
  • 食中毒の予防 – 病原菌や細菌を抑える
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 筋肉機能を高める – 筋トレやエクササイズの効果を実感しやすくなる
  • 筋肉痛予防
  • 骨折、骨粗しょう症予防

美容効果

  • 食べるサプリメント – カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルが豊富です
  • シミ
  • ニキビ
  • お肌のハリ
  • 身体の酸化を防いでアンチエイジング
  • 白髪予防

GABA

健康効果

  • ストレスに効果的でイライラしなくなる
  • うつ予防、自律神経の安定
  • 不眠などの睡眠障害の改善
  • 更年期
  • アルツハイマーの予防や改善
  • 中性脂肪を抑える
  • 高血圧の予防
  • 糖尿病の予防
  • 肝臓や腎臓の働きを高めてアルコールの代謝が良くなる

美容効果

  • シミをできにくくする
  • 不要な脂肪が溜まりにくくなる
  • 肥満予防
  • 代謝が上がり痩せやすい身体になる

(Img source: eatongoing.com)

秋バテ予防と改善方法

夏バテの延長線の秋バテ

秋でもなる夏バテならぬ秋バテとは

エアコンの効いた室内と外の気温差や、食欲の低下から起こる夏バテの予防や対策は脱水対策に水分補給ドリンクを飲む等して気にかける人が年々増えつつありますが、秋にも夏バテ同様の秋バテ症状が続くことがあります。夏バテの延長線、あるいは、夏に溜まった疲れを持ち越し、少し遅れて夏バテにやられてしまう秋バテも十分なケアや対策が必要です。季節の変わり目は体調を崩しやすいので気温の低下で悪化する前に秋バテ予防をしておきましょう。

秋バテの症状と原因

秋バテは夏バテと同じような症状が見られます。水分不足、だるさ、睡眠不足、食欲の低下、頭痛、消化不良など、自律神経バランスの乱れから起こる症状が主に挙げられます。身体が緊張状態にあるので、意識的にリラックスをすることが効果的です。体調不良が続き体力が低下しているところに台風などの悪天候が重なりプチうつ状態になる可能性もあるので軽いストレッチなどで身体を動かすことも良いでしょう。

秋バテ改善方法

夏バテの延長線で秋バテになる人の場合、大切なのは夏が過ぎたら夏バテが改善されるからと気を緩まず夏の間に治しておくことです。季節の変わり目に起こる天候の変化で秋バテになった場合は次の3点に気をつけて生活してください。

1. 規則正しく生活する

朝、昼、夜と食事は3食とることを心がけて、身体を冷やさない食べ物や生活をします。胃腸の働きも弱っていることが多いので、冷たいものや、極端に辛いものや酸っぱいものなどの刺激物も控えることをおすすめします。

2. 疲れを溜めない

時間がないから、暑いからという理由から入浴はシャワーのみという人は、可能な限り寝る前にバスタブに浸かり一日の疲れを取りましょう。暑すぎるお風呂入るのではなく、ぬるめのお湯で半身浴をするのがポイントです。寝る前にお風呂に浸かることで身体が温まり、眠りやすくなるので冷え性や不眠なども改善できます。

3. 軽い運動

立ち仕事でもデスクワークで座りっぱなしでも一日で疲れは溜まります。老廃物を外に出すことで疲れを溜め込まないには、適度な運動で血行を良くすることです。ストレッチ、ヨガ、ウォーキング、ジョギングなど自分のライフスタイルに合った運動を見つけて飽きない程度に続けることが大切です。身体をほぐして血行が良くなった運動後は必ずグラス1杯、200mlほどのお水や水分補給ドリンクを飲んで、老廃物を身体の外に出しましょう。

白髪を予防改善する方法

増えた白髪を改善する方法

白髪の原因と改善する方法

あなたの白髪はストレス性、若年性、肝機能の低下のどれに当てはまりますか?白髪が気になり始める年齢は35歳頃が平均のようです。10代の白髪や、20代の白髪などいわゆる若年性白髪は遺伝が主な原因と言われていますが、ストレス、紫外線を浴び過ぎたり、栄養不足なども考えられます。睡眠を取り、規則正しく生活することでストレスを減らし、若白髪をなくすことができると考えます。30代の白髪も同様のことが言えます。最近、急激に白髪が増えたというお悩みを持つ人は、自分の白髪の原因を知り予防することが白髪改善の一番の近道です。若いうちはカラーリングに頼らず、本来の髪を取り戻しましょう。

白髪の原因とは?

白髪の原因としてよく知られているのはストレスと老化です。ストレスを感じることで、髪の育成や色素細胞の働きの低下でメラニン色素を作り出すことができなります。老化は年齢的なものもありますが、色素細胞が減ることで髪本来の色を保てなくなります。その他の原因に栄養不足、遺伝なども関係します。髪を黒く保つのに必要な栄養素が足りていないと白髪が増えるので、栄養バランスの取れた食事をするなど心がけることは重要です。特に、女性の白髪の原因には甲状腺機能の低下、貧血などホルモンバランスも大きな要因とされます。

白髪予防する改善策

1. 弱った肝臓の機能をエクササイズで取り戻す

肝臓が悪いと肌荒れ、抜け毛、白髪が増えるなど身体のあらゆるところにサインが出ます。最近体調が悪いと思ったときはヨガなど運動でデトックスするといいでしょう。ホルモンバランス改善の三角のポーズコブラポーズデトックスに効くらくだのポーズ更年期にも効く下を向く犬のポーズで自宅で白髪予防・改善ができます。

2. 白髪予防に良い食べ物を食べる

ミネラル、カルシウム、銅、亜鉛など、不足しがちな栄養素を摂取しましょう。現代人は偏った食生活を送っているため、必要な栄養を取れていないことが多いです。黒ゴマが白髪が黒くなると噂されていますが、ごまの栄養素は色による差はそこまでないのでお好みのごまを食べるのが良いと思われます。また、白髪予防のみならず、亜鉛、銅、カルシウムが一気に摂取できる無塩ナッツ類はアンチエイジングにも最適です。スーパーモデルに人気のアーモンドは小さいタッパーに入れて持ち歩くのがおすすめです。

カルシウム – 小魚、ナッツ、乳製品、大豆、海藻など

– アーモンド、納豆、カキ、レバー、えび、ごま、芋類など

亜鉛 – アーモンド、牛肉、豚レバー、きのこ、貝類、カニ、玄米、海藻など

亜鉛はうつ、貧血、皮膚炎などを改善できる栄養素ですが、毒性が強いので食品から自然と摂取するくらいが適量とされます。サプリメントなどで無理に取る必要はないでしょう。

(img source: nsmbl.com)