キャメルポーズのやり方と効果 | ビクラムヨガ

キャメル ポーズ


22. キャメル ポーズのやり方と効果

Camel Pose – Ustrasana

ビクラムヨガ22番目は「キャメルポーズ」です。ひざを床につけて背中を反らせつつ、おしりは前へ押し出し尾てい骨を床と垂直に保ちます。胸を持ち上げ続けることで全体重が背骨にいかないように負担を分散させます。胸を開くチェスト オープナー ポーズなので、呼吸器の弱い人には特におすすめです。呼吸が難しい人は、息を吐くことを意識します。ひざとおしりは一直線上です。

キャメル ポーズのやり方とコツ

マットポーズ
20秒 × 2セット

ポーズの準備

  1. マットにひざ立ちになり15cm幅を広げて平行に。
  2. 腰に手を当てます。指は床に向けます。
  3. ひじを寄せて、肩を下げます。

コツ:ひざと足の間は15cm幅、手は腰に

ポーズ開始

  1. 息を吸って背筋を伸ばし胸を持ち上げ、吐きながら頭を後ろへ落とします
  2. もう一度息を吸って、吐きながら背中を反らたら、かかとを持ちます。
  3. 20秒キープ
  4. 右手を右のおしりに、左手を左のおしりに当て、ゆっくりと戻ります。
  5. 背中を床につけて仰向けになり20秒サバサナ
  6. もう1セット行ないます。

コツ

  • 腰を手で支えることで背骨をサポート
  • 胸は持ち上げる
  • おしりを前に出す
  • ひじを内側に入れることで肩甲骨を寄せる
  • かかとを手のひらで包む

ポーズ終了

ポーズ中は胸を持ち上げ、手で腰をサポートすることで背骨の負担を最小限に抑えます。

キャメル ポーズの効果

キャメルポーズはデトックス効果が高いです。からだに溜まった毒素を一気に排出しましょう。

体の不調
気管支炎、ぜんそく、糖尿病、不妊治療、のど、猫背、うつ、肩こり、首、腰痛、消化不良など

*心臓や神経系にも効果があるので全身の体調を整えることができます。声の障害にも効き目があります。膀胱も刺激。

ダイエット
ヒップアップ、代謝が良くなる、姿勢を良くする、背中美人、ウエスト引き締め
*あらゆる臓器を刺激してデトックスを促します。

美容効果
アンチエイジング、顔色がよくなる、しみ、肝斑、くすみ、吹き出物、フェイスリフトなど

キャメル ポーズの理想的なポーズ

初心者:手は腰に当てたままでもOKなので、胸を引き上げる。
経験者:ひじを入れて、おしりを前へ押し出し尾てい骨を立てる。

(img source: We Are Yoga)


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.