チョコレートとココアの美容効果

チョコレートでアンチエイジング


身体をサビを取るカカオの効果

冷え性知らずで冬もぽかぽか

カカオは生姜よりも冷え性に効くということを知っていますか?手足の冷えで眠れない、いつも手が冷たくて寒いという人は今年の冬はチョコレートとココアで乗り切りましょう。チョコレートやココアにはカカオポリフェノールが多く含まれていて、生活習慣病などの元となる活性酸素の働きを弱める効果があります。ポリフェノールというと最初にイメージするのが赤ワインですが、その含有量でいうとチョコなどの方がずっと多いのです。ストレス、健康、美容にもマルチで効くカカオで身体の不調を改善することができます。

ダイエットにも効果のあるカカオ

チョコレートは太るから好きだけど食べないという人も多いのではないでしょうか?実はチョコレートが原因で太っているわけではないというのをご存知ですか?甘いしカロリーが高いからチョコはダイエットの天敵と思いがちですが、痩せやすい体質づくりもできるカカオは有効に活用するのがおすすめです。無駄に甘い安いチョコレート製品にはカカオがあまり含まれていないこともあるので、板チョコや、質の良いチョコレートを選ぶようにしましょう。食後のデザートや、日中に食べるように心がけるだけで効果が現れます。安いチョコを大量に食べなければ太ることもないのです。

簡単でおいしいココアの作り方

材料 – 2人分

  • ピュアココアパウダー 小さじ2杯 – ティースプーンでOK
  • 砂糖 小さじ2杯 – チョコレートで代用可能
  • 牛乳 1.5カップ – または、使うカップで2人分計ります

作り方

  1. 小さい鍋にココアパウダー、砂糖、少量のミルクを入れる。
  2. 粉っぽさがなくなるまで練る。(大さじ1杯のお湯や水でもOK)
  3. 中火にかけて、残りのミルクを少しずつ加えながら混ぜる。

コツ – 絶対に沸騰させないこと。マシュマロを浮かべるとおいしくてかわいいです。

健康や美容にはココアパウダーを使用することをおすすめします。高い効果が期待できます。ココアにお砂糖かチョコレートを少し入れることで満足感も高まるので空腹感を満たします。

どうしてもカロリーが気になる人は、牛乳の代わりに豆乳や、スキムミルクとお湯を使うことで低カロリーココアになります。糖分が気になる人は、白砂糖ではなく、黒糖、チョコレートで作ります。

カカオの効能とは

カカオポリフェノールやGABAを含むチョコレートやココアパウダーは健康や美容に効果があることが分かっています。健康や美容のみならず、学習にも効果を発揮することが学習実験でも確かめられ、集中力を高めて記憶力を上げる、反射神経も良くなり運動能力も高める力があります。

カカオポリフェノール

健康効果

  • ストレスに適応して溜め込まなくなる
  • アレルギー予防 – 花粉症、アトピー、ぜん息など
  • がん予防 – 細胞のガン化が抑えられる
  • 動脈硬化の予防
  • 傷が治りやすくなる
  • 虫歯の予防
  • コレステロールのコントロール
  • リウマチ
  • 食中毒の予防 – 病原菌や細菌を抑える
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 筋肉機能を高める – 筋トレやエクササイズの効果を実感しやすくなる
  • 筋肉痛予防
  • 骨折、骨粗しょう症予防

美容効果

  • 食べるサプリメント – カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルが豊富です
  • シミ
  • ニキビ
  • お肌のハリ
  • 身体の酸化を防いでアンチエイジング
  • 白髪予防

GABA

健康効果

  • ストレスに効果的でイライラしなくなる
  • うつ予防、自律神経の安定
  • 不眠などの睡眠障害の改善
  • 更年期
  • アルツハイマーの予防や改善
  • 中性脂肪を抑える
  • 高血圧の予防
  • 糖尿病の予防
  • 肝臓や腎臓の働きを高めてアルコールの代謝が良くなる

美容効果

  • シミをできにくくする
  • 不要な脂肪が溜まりにくくなる
  • 肥満予防
  • 代謝が上がり痩せやすい身体になる

(Img source: eatongoing.com)


Posted in その他.

Leave a Reply

Your email address will not be published.