バランシングスティックポーズのやり方

バランシング スティック ポーズ


8. バランシング スティック ポーズとは

Balancing Stick Pose – Tuladandasana

8番目のビクラムポーズは、なんと、最大300kcalもカロリーを消費して脂肪を燃やすことができる夢の様なポーズです。片足立ちのポーズはこれが最後となります。10カウントという一番短いポーズですが全身をシェイプアップする効果もあり内蔵機能も正常に戻します。(下の画像を参考にポーズしてみましょう)

バランシング・スティックポーズのやり方バランシング・スタンディング・ポーズのコツ

スタンディング ポーズ(立つ)

左右 10カウント × 2セット

ポーズの前の準備

  1. ヨガマットの中央に両足のかかととつま先をそろえて立ちます。
  2. 身体の横を通って腕を伸ばし、頭上で手を合わせます。
  3. 手の指を組んで、中指だけ伸ばします。親指は交差させます。

コツ

  • ひざ・ひじなどすべてをロック
  • お腹を引き締める
  • 腕で両耳を挟む
  • 胸を上げるのに、少し後ろに倒れるイメージでストレッチ
  • 手が天井に付くイメージで

ポーズ開始

1. 右から

  1. 左足に重心を移します。
  2. 合図と共に、頭を腕で挟んだまま上半身を前に倒して、体でアルファベットのT字のポーズを取ります。
  3. 目線だけ鏡の自分に向けます。
  4. 10カウントキープ
  5. ゆっくりと元来た道を戻って、足をそろえて、両腕を体側に戻します。

2. 左にチェンジ

  1. 右足に重心を移します。
  2. 合図と共に、頭を腕で挟んだまま上半身を前に倒して、体でアルファベットのT字のポーズを取ります。
  3. 目線だけ鏡の自分に向けます。
  4. 10カウントキープ
  5. ゆっくりと元来た道を戻って、足をそろえて、両腕を体側に戻します。

コツ

  • まっすぐ状態を傾けます(シーソーのようにまっすぐ)
  • ひざをロック
  • 軸足の足裏全体に体重をかける
  • 腕を鏡へ伸ばす
  • 伸ばした脚を後ろの壁へまっすぐ
  • 前後から腕、伸ばした脚を引っ張られているイメージ
  • 呼吸も忘れずに

ポーズ終了 - 左右1セットで終了です。

ポイント

  • アルファベットのT字をつくる
  • すべてをロックする
  • 腕、体、頭、脚をすべて床と平行にする
  • 手はギュッと組んで、手の平がピッタリつく
  • お腹と軸足、軸足と後ろへ伸ばしている脚は90度になる
  • あごを上げる
  • 目線だけ鏡の中の自分
  • 伸ばしている足先もピンと伸ばす
  • 太ももを引き締める
  • 呼吸を止めない
  • お腹を引き締める
  • ポーズの最後で、少し前に引っ張られるイメージ

バランシング スティック ポーズの効果

カロリー消費に最適なポーズです。スタンディング・トゥー・ヘッド ポーズのように、全身の脂肪が落ちてスタイルを良くするには欠かせないポーズ

体の不調
集中力アップ、肺、心臓、不眠、冷え性、うつ、五十肩、脚の強化、静脈瘤、など

*すい臓、肝臓、腎臓、脾臓、神経系など。動脈硬化などを予防、静脈瘤にも効果あり。

ダイエット
バストアップ、背中、猫背、なで肩、骨盤矯正、ヒップ下の脂肪、ひざ・足首、ウエスト、全身のバランスがとれるなど

*上半身を床と平行にして体でアルファベットのT字をつくることで、カロリーをたくさん消費することができます。食後には行わないでください。

バランシング スティックポーズの理想的なポーズ

ビギナー:ひじ、ひざ、太ももなど、すべてをロックすることに集中します。

経験者:T字ができたら、目線でより前に引っ張られるイメージを持ちます。

(Source: bikramormond.com)


Posted in ヨガ.

Leave a Reply

Your email address will not be published.