秋バテ予防と改善方法

夏バテの延長線の秋バテ


秋でもなる夏バテならぬ秋バテとは

エアコンの効いた室内と外の気温差や、食欲の低下から起こる夏バテの予防や対策は脱水対策に水分補給ドリンクを飲む等して気にかける人が年々増えつつありますが、秋にも夏バテ同様の秋バテ症状が続くことがあります。夏バテの延長線、あるいは、夏に溜まった疲れを持ち越し、少し遅れて夏バテにやられてしまう秋バテも十分なケアや対策が必要です。季節の変わり目は体調を崩しやすいので気温の低下で悪化する前に秋バテ予防をしておきましょう。

秋バテの症状と原因

秋バテは夏バテと同じような症状が見られます。水分不足、だるさ、睡眠不足、食欲の低下、頭痛、消化不良など、自律神経バランスの乱れから起こる症状が主に挙げられます。身体が緊張状態にあるので、意識的にリラックスをすることが効果的です。体調不良が続き体力が低下しているところに台風などの悪天候が重なりプチうつ状態になる可能性もあるので軽いストレッチなどで身体を動かすことも良いでしょう。

秋バテ改善方法

夏バテの延長線で秋バテになる人の場合、大切なのは夏が過ぎたら夏バテが改善されるからと気を緩まず夏の間に治しておくことです。季節の変わり目に起こる天候の変化で秋バテになった場合は次の3点に気をつけて生活してください。

1. 規則正しく生活する

朝、昼、夜と食事は3食とることを心がけて、身体を冷やさない食べ物や生活をします。胃腸の働きも弱っていることが多いので、冷たいものや、極端に辛いものや酸っぱいものなどの刺激物も控えることをおすすめします。

2. 疲れを溜めない

時間がないから、暑いからという理由から入浴はシャワーのみという人は、可能な限り寝る前にバスタブに浸かり一日の疲れを取りましょう。暑すぎるお風呂入るのではなく、ぬるめのお湯で半身浴をするのがポイントです。寝る前にお風呂に浸かることで身体が温まり、眠りやすくなるので冷え性や不眠なども改善できます。

3. 軽い運動

立ち仕事でもデスクワークで座りっぱなしでも一日で疲れは溜まります。老廃物を外に出すことで疲れを溜め込まないには、適度な運動で血行を良くすることです。ストレッチ、ヨガ、ウォーキング、ジョギングなど自分のライフスタイルに合った運動を見つけて飽きない程度に続けることが大切です。身体をほぐして血行が良くなった運動後は必ずグラス1杯、200mlほどのお水や水分補給ドリンクを飲んで、老廃物を身体の外に出しましょう。


Posted in その他.

Leave a Reply

Your email address will not be published.